円光のあるお地蔵さん

d0169260_16242852.jpg



今回のお地蔵さんは3月中旬に焼きあがった作品です。
顔も穏やかで私も満足しています。今回はそのお地蔵さんをモチーフにしてアクリル絵の具で絵を描いてみました。この頃、このお地蔵さんを眺めながら3月から絵が10枚ほど出来上がりました。絵の中心にお地蔵さんを包んでいる環(ひかり)の輪、円光を必ず描いております。私は何気なくこの円光をお地蔵さんを良く見せる為と描いておりました。今月の初め、紀野一義の著書『生きるのが下手な人たちへ』という本の中にこの円光について詳しく書いておりました。私もびっくりしてその一節を載せてみたいと思います。

『昭和48年1月、私はインドへ行き釈尊の遺跡を1つ1つ巡礼して来た。それ以来人間の周りに円光があるのだという考えを持つに至っている。・・・その光の輪が人間と人間を結びつけ、人間と自然を結びつけるということを考えている』と述べている。

円光について著名な仏教学者が述べていることに驚きと勇気を与えていただきました。また、次のブログにこの続きを述べてみたいと思います。
[PR]
by fujiteru1945 | 2013-04-16 16:35 | お地蔵さん | Comments(0)
<< 円光のあるお地蔵さん -2- 春を呼ぶお地蔵さん >>