生死

あるご住職様が70歳を超えて癌になって
自分の死を意識したとき、

「生きると死は同じレベル」ということを感じました。

そこで、生と死を合体させた字を考えたそうです。
それがこの字です。

そのご住職様はその後、1年ほどでお亡くなりになりましたが、
奥様曰く、「本当の仏教の悟りを開いた境地になっていたのでは
ないのでしょうか。」とのことでした。

と言う事を本で読み、感銘を受けいつも時間があると
この字を書いております。


d0169260_17121473.jpg


尚、俳句は山頭火の句です。
[PR]
by fujiteru1945 | 2010-06-08 17:15 | | Comments(0)
<< 笑顔のお地蔵さん はじめまして >>